ヒシアマゾン 牝 黒鹿毛
1991年3月26日生 – 2019年4月15日(28歳没)


ヒシアマゾン A Heroic Woman [DVD]

父:シアトリカル (Theatrical) 1982
母:ケイティーズ(Katies)1981  F-No.7-f

母の父 :ノノアルコNonoalco

馬主:阿部雅一郎

ヒシアマゾンはアメリカで生まれ日本で走った元競走馬。
1993年JRA賞最優秀3歳牝馬、

1994年JRA賞最優秀4歳牝馬、

1995年JRA賞最優秀5歳以上牝馬受賞。

主戦騎手は中舘英二。
デビュー2戦目と最終レースの有馬記念のみ、江田照男と河内洋がそれぞれ騎乗した。

1993年9月19日の新馬戦を中舘英二騎手とのコンビで快勝。
続くプラタナス賞、京成杯3歳ステークスと2戦連続で2着した後の阪神3歳牝馬ステークスで2着ローブモンタントに5馬身差をつけて圧勝し、一躍牝馬のスターダムに躍り出た。


ヒシアマゾン~A Heroic Woman~ [DVD]

明けて1994年春、当時は外国産馬にクラシックへの出走が認められていなかった。
年明け緒戦の京成杯こそ2着に敗れたものの、続くクイーンカップ、クリスタルカップ、ニュージーランドトロフィー4歳ステークスといずれも1番人気に応えて快勝した。
特にクリスタルカップで見せた残り100mでの4馬身差を差し、逆に1馬身差をつけた驚異の追い込みは、井崎脩五郎が20世紀のベストレースの1つにあげている。

秋シーズンもクイーンステークス、ローズステークスを連勝し、迎えたエリザベス女王杯では優駿牝馬優勝馬チョウカイキャロルとの叩きあいをハナ差制し、重賞6連勝で名実ともに4歳最強牝馬となった。

主戦騎手であった中舘英二によると、エリザベス女王杯までのレース戦術について、他の馬と一枚も二枚も力が違っていたことから「負けてはいけない立場だったので、後ろから行って、大外を通って、着差は小さくても最後に勝てばいいというレースをしていた」と説明した。

続く有馬記念では並み居る古牡馬が揃っていたが、相手は三冠馬ナリタブライアン1頭に絞ったレース運びをし、4コーナー付近でヒシアマゾンはナリタブライアンに競りかけたが、ナリタブライアンはこれまで以上の瞬発力を発揮して後続を突き放しており、ヒシアマゾンも勢いを保持したままを追走して3着以下には2 1/2馬身差をつけたが、結果的に優勝したナリタブライアンから3馬身差の2着に敗れた。


【中古】 ヒシアマゾン 癒しのささやき /安西美穂子(著者) 【中古】afb

同年のレース戦績は、エリザベス女王杯を含む6連勝、有馬記念2着が評価され最優秀4歳牝馬に選出された。

5歳となった1995年は、春にアメリカ遠征に挑戦するもレース直前に脚部不安に見舞われ帰国、帰国後緒戦の高松宮杯ではそれまでの実績から圧倒的1番人気に支持されたものの、スタートから折り合いを欠き逃げる形になってしまい5着に敗れ、デビューからの連続連対記録が12で途絶えるなど、上半期は不本意なシーズンになった。


r1_86068 【中古】【VHSビデオ】ヒシアマゾン 世界へ飛翔け最強牝馬の夢 [VHS] [VHS] [1996]

しかし秋になり、オールカマー、京都大賞典を圧勝し、完全復調をアピール。
外国産馬であるため天皇賞(秋)には出走することはできず、迎えたジャパンカップでは、直線鋭く追い込んだものの先に抜け出したランドに1馬身半及ばず2着に敗れたが、負けてなお強しの印象であった。

続く有馬記念ではその年不調のナリタブライアンを抑えて1番人気に推されたものの、スタートでの出遅れもあり5着に終わった。
1996年、6歳になると順調さを欠き、安田記念は10着、エリザベス女王杯は2位入線も斜行により7着降着、有馬記念は5着に敗れ、結果的にこれが最後のレースとなった。
1997年、京王杯スプリングカップの出走を目指し調整していたが、同年4月30日に右前脚浅屈腱炎の発症により、現役生活を断念して引退となった。
なお、当初オーナーサイドは「ヒシアマゾネス」で馬名登録申請したものの却下され、この名前になったという。


【激レア!】Gドリームカードコレクション★ヒシアマゾン★

引退後は繁殖入り、初年度はオーナーの夢の配合でヒシマサルと種付け。
故郷のテイラーメイドファームに戻りヒシマサルとの仔(のちのヒシアンデス)を出産した後は、そのままテイラーメイドファームで繁殖生活を送ることになる。
アメリカで種付けされた産駒であるヒシシルバーメイド・ヒシバラードが日本で競走馬になったが初年度産駒のヒシアンデスも含め、いずれも大成はしなかった。


r1_85826 【中古】【VHSビデオ】ヒシアマゾン [VHS] [VHS] [1998]

現在もアメリカで繁殖牝馬生活を送っているが、アメリカで競走馬になった産駒にも大成した産駒はいない。それもあってか最近は日本にも産駒が来ることはなくなった。しかしセリ市では比較的高値で取り引きされている産駒が多い。2007年9月10日に行われたキーンランド・セプテンバー・イヤリングセールにおいて、2006年に出産した産駒(父:Fusaichi Pegasusの牡馬)が29万ドル(約3300万円)で落札された。同年11月8日付で、2005年に出産した産駒であるヒシラスターがJRAに競走馬登録された。


【中古】 ヒシアマゾン 女傑から名牝へ / 宝島社 / 宝島社 [ムック]【メール便送料無料】【あす楽対応】