伊藤 雄二(いとう ゆうじ、1937年1月14日 – )はJRAの元調教師、元騎手。大阪府北河内郡枚方町(現・枚方市)出身。
旧姓は木下。父は、昭和初期から戦後にわたり金鈴という名馬などに乗り、馬場馬術界で活躍した木下芳雄である。
枚方市生まれの兵庫県西宮市育ちであった伊藤は、父の開いた乗馬クラブで幼い頃から馬に親しみ、高校時代は馬術部に所属し、高校1年の時には全日本の大会で3位に入った事がある。父親が本人に相談しないまま、阪神競馬場所属の伊藤正四郎調教師と相談して競馬界入りを決めた為、18歳の誕生日を迎えた翌日の1月15日に、高校在学のまま入門した。その後騎手見習いとなり、1959年に騎手デビュー。
初騎乗は3月7日の第1回阪神競馬1日目第4競走サラブレッド系障害戦で、ブルーという馬に騎乗して5着となったが、3回目の騎乗の3月14日に、同じ馬で初勝利を挙げた。その後、1960年7月に伊藤の女婿となり、伊藤姓に変わった。その後坪重兵衛厩舎に移籍したが、普段から体重が55kg程度あり、主に障害競走を中心に騎乗していた。1966年、29歳のときに義父が急逝。伊藤は急遽騎手を引退して調教師に転身。阪神競馬場で開業して伊藤の跡を継いだ。1969年の栗東トレーニングセンター開設後は同地に所属した。マックスビューティ、シャダイカグラ、ウイニングチケット、エアグルーヴ、ファインモーションなどの名馬を手がけた。
2005年2月19日JRAでは8人目となる調教師通算1100勝を達成した。
2007年2月28日で定年により調教師を引退。
JRA調教師伊藤正徳は義弟、娘の笹田淑はJRA初の女性調教助手であり笹田和秀調教師と結婚している。
息子の伊藤強は調教助手。孫・笹田知宏は、兵庫県競馬所属の騎手である。


調教師伊藤雄二の確かな目―ウソのない競馬を教えよう

成績
出走回数7501回 1155勝 2着960回 3着878回 4着746回 5着697回 着外3065回
重賞77勝、うちJRAGIは13勝。(グレード制導入前、GI級を含む)
関西リーディングトレーナー7回、うち全国リーディング4回。

新編・調教師伊藤雄二の確かな目 真相 (ワニ文庫)


新編・調教師伊藤雄二の確かな目(警鐘) [ 鶴木遵 ]


【中古】 新編・調教師伊藤雄二の確かな目 警鐘 / 鶴木 遵 / ベストセラーズ [文庫]【メール便送料無料】【あす楽対応】


【中古】 調教師伊藤雄二final ウソのない競馬を教えよう / 鶴木 遵 / ベストセラーズ [単行本(ソフトカバー)]【メール便送料無料】【あす楽対応】


調教師伊藤雄二final [ 鶴木遵 ]


調教師伊藤雄二―ウソのないニッポン競馬


ウソのない競馬を教えよう―調教師伊藤雄二