プリークネスステークス(Preakness Stakes)はアメリカクラシック三冠の第2冠として、メリーランド州ボルティモアにあるピムリコ競馬場のダート1マイル3/16(9ハロン1/2・約1911メートル)で行われる競馬の競走である。

ケンタッキーダービーの2週間後に行われるが、かつてはケンタッキーダービーよりも先に開催された年度もあった。前日には牝馬限定のG2競走・ブラックアイドスーザンステークスが行われる。
また出走条件は3歳限定だがケンタッキーダービーやベルモントステークスと同様に性別による出走制限はなく、騸(せん)馬の出走も可能である。多くの場合はケンタッキーダービーを経由してこの競走に出走してくるが三冠競走の中ではもっとも距離が短いこともあり、ケンタッキーダービーに出走しなかったマイル路線組が登録することも多い。
競走の創設はケンタッキーダービーよりも2年早い1873年で、競走名は1870年にピムリコ競馬場がオープンされた時に行われたディナーパーティステークス(現在のディキシーステークス)の優勝馬・プリークネスを記念して当時のメリーランド州知事オーデン・ボウイによって命名されたものである。
競走の前にメリーランド・マイ・メリーランドを観客全員で歌うのが習慣となっている。優勝馬にはブラックアイドスーザンのレイが掛けられ、優勝馬の馬主には「ウッドローンの瓶」のレプリカが贈られる。