森 秀行(もり ひでゆき、1959年3月12日[1] – )は日本中央競馬会 (JRA) 栗東トレーニングセンター所属の調教師。
戸山為夫厩舎の調教助手を経て1993年より開業。
1990年代半ばより盛んとなった日本馬の国外遠征を牽引した調教師のひとりであり、1995年にはフジヤマケンザンが香港国際カップに優勝し、日本馬36年ぶりの国外重賞勝利を達成。1998年にはシーキングザパールがフランスのモーリス・ド・ゲスト賞に優勝し、日本調教馬として初めてヨーロッパG1競走制覇を達成した。また1999年から2000年にはアグネスワールドがフランスのアベイ・ド・ロンシャン賞とイギリスのジュライカップに優勝している。ほか日本国内でレガシーワールドによるジャパンカップ(1993年)、エアシャカールによる皐月賞と菊花賞(2000年)、キャプテントゥーレによる皐月賞(2008年)制覇がある。受賞歴はJRA賞優秀技術調教師3回、同最多勝利調教師2回、同最高勝率調教師1回。

著書

最強の競馬論【電子書籍】[ 森秀行 ]


【中古】 勝ち続ける秘訣 最強の調教師が教える「負けないための法則」 /森秀行(著者) 【中古】afb


勝ち続ける秘訣―最強の調教師が教える「負けないための法則」