吉川 良(よしかわ まこと、1937年2月24日[1] – )は、日本の作家、競馬作家。

東京生まれ。
芝高等学校卒、駒澤大学仏教学部中退。
1978年「自分の戦場」で第2回すばる文学賞受賞。
1979年「八月の光を受けよ」で芥川賞候補、「その涙ながらの日」で二度目の候補、1980年「神田村」で三度候補となった。
プロ野球、競馬などスポーツものが多く、1999年JRA賞馬事文化賞受賞。

社台グループ会報「Thoroughbred」に「繋(つなぎ)」を連載中

著書


繋(つなぎ)―社台ファームに生きる人びと


続・繋(つなぎ)―社台ファームと仲間たち


人生をくれた名馬たち(1)


人生をくれた名馬たち(2)


血と知と地 (上)


血と知と地 (下)


サラブレッドへの手紙 (上)


サラブレッドへの手紙 (下)


競馬夢景色


その涙ながらの日


立ち止まっている男たち (1982年)


血と知と地―馬・吉田善哉・社台


競馬情話 中年ジャンプ


高知競馬のハルウララ


神田村


競馬町交差点(スクランブル)


しあわせな競馬好きと呼ばれたいものだ


北の話・東京のなかの北海道