ビワハヤヒデ(1990年3月10日 – )は日本の競走馬、種牡馬。


ホースライダーズ1 SP ビワハヤヒデ 【スペシャル】

父:シャルードSharrood(1983)芦毛
母:パシフィカスPacificus(1981)鹿毛 F-13-a


【激レア!】Gドリームカードコレクション★ビワハヤヒデ★

1992年に中央競馬でデビューし、早くから頭角を現す。


r1_85848 【中古】【VHSビデオ】名馬物語2「ビワハヤヒデ」 [VHS] [VHS] [1997]

翌1993年のクラシック三冠路線ではナリタタイシン、ウイニングチケットと共に、それぞれの頭文字から「BNW」と呼ばれたライバル関係を築き、ビワハヤヒデは三冠のうち最終戦の菊花賞を制した。


srv8699 誇り高き最強の馬たち ナリタタイシン VS ウイニングチケット VS ビワハヤヒデ 解説:野平祐二 井崎脩五郎 【VHS】【中古】【ビデオです】


ホースライダーズ2 SP ビワハヤヒデ 【スペシャル】

1994年には古馬(5歳以上馬)最強馬として確固とした地位を築き、天皇賞(春)、宝塚記念といったGI競走を制覇。同年、半弟のナリタブライアンがクラシック戦線で圧倒的な強さを見せ、年末の有馬記念での兄弟対決に期待が寄せられたが、秋の天皇賞でビワハヤヒデが故障、引退したことにより実現せず終わった。


ビワハヤヒデ 無敵の兄貴 [DVD]

通算16戦10勝。デビュー以来の15戦連続連対(2着以内)はシンザンに次ぐ中央競馬史上第2位の記録である。1993年度JRA年度代表馬および最優秀4歳牡馬、1994年度同最優秀5歳以上牡馬。


新・優駿たちの蹄跡 ビワハヤヒデ~花弁雪の別れ~<新・優駿たちの蹄跡 新旧・伝説の名馬たち> (KCGコミックス)

競走馬引退後は中島の個人所有で、幼駒のビワハヤヒデを中島に勧めた高山裕基が経営する日西牧場で種牡馬となった。


ビワハヤヒデ~王者の血統~ [VHS]

「馬に負担を掛けたくない」という中島の意向で交配頭数を抑える方針をとったが、それでも3年目まで66、54、60と数を集め、相手の全体的な質では後に種牡馬入りしたナリタブライアンに劣ったものの、早田牧場の馬を中心に一級の繁殖牝馬とも交配された。


ホースライダーズ SP 008 ビワハヤヒデ


ON THE TURF〈1〉―久保吉輝写真集

初年度産駒の育成が進むに連れ、馬産地では「ビワハヤヒデの仔は走る」と評判が立ち、4年目の交配相手は70頭とさらに増加したが、1998年よりデビューした産駒から、中央競馬の重賞勝利馬は出なかった。主な産駒には、日経新春杯2着、京都競馬場・2400mのコースレコードを樹立したサンエムエックスなどがいる。


【中古】 ビワハヤヒデ 芦毛覇王伝 / 双葉社 / 双葉社 [文庫]【メール便送料無料】【あす楽対応】


【中古】 名馬列伝 ビワハヤヒデ /競馬(その他) 【中古】afb


【中古】ビワハヤヒデ / 双葉社