フェブラリーステークスは、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。
競走名の「フェブラリー(February)」は、2月を意味する英語。
正賞は日本馬主協会連合会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、ブリーダーズカップチャレンジ賞。



JRAが施行するダート重賞競走では、最も古い歴史を持つ競走である。
1984年に前身となる「フェブラリーハンデキャップ」が創設、東京競馬場のダート1600mで施行され、当初はGIIIの格付けだった。1994年にGIIへ昇格するとともに負担重量も別定に変更、名称も「フェブラリーステークス」に改称された。
その後、中央競馬と地方競馬の交流競走が拡大されるなか、1997年には中央競馬のダート重賞競走として初めてGIに格付けされ、負担重量も定量に変更、国内の上半期のダート最強馬決定戦に位置付けられた。2007年からは国際競走に指定され、外国馬の出走も可能になった。



2016年からブリーダーズカップ・チャレンジの対象競走に指定され、優勝馬には当該年のブリーダーズカップ・クラシックへの優先出走権と出走登録料・輸送費用の一部負担の特権が付与される。
本競走で上位を争った馬からは、アラブ首長国連邦のドバイで行われる国際招待競走「ドバイミーティング」へ遠征するものも出るようになった。2011年の優勝馬トランセンドは、ドバイワールドカップで優勝したヴィクトワールピサと接戦の末、2着に入っている。
また、1999年にはメイセイオペラ(岩手)が地方競馬所属馬として初めて優勝した



競走条件
以下の内容は、2016年現在。
出走資格:サラ系4歳以上(出走可能頭数:最大16頭)
JRA所属馬
地方競馬所属馬(下記参照)
外国調教馬(8頭まで、優先出走)
負担重量:定量(57kg、牝馬2kg減)
第1回から第10回まではハンデキャップ、第11回から第13回までは別定。
出馬投票を行った馬のうち、優先出走権(次節参照)のある馬から優先して割り当て、その他の馬は「通算収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI(JpnI)競走の収得賞金」の総計が多い順に割り当てる。



優先出走権
外国馬、およびレーティング順位の上位5頭(2012年より。牡馬・セン馬は110ポンド、牝馬は106ポンド以上であることが条件)は優先出走できる。
2014年より以下の競走における1着馬に、優先出走権が付与される。
優先出走権付与競走
競走名 格付 施行競馬場 施行距離
東海ステークス GII 日本の旗中京競馬場 ダート1800m
根岸ステークス GIII 日本の旗東京競馬場 ダート1400m



賞金
2015年の1着賞金は9700万円で、以下2着3900万円、3着2400万円、4着1500万円、5着970万円。
コース
東京競馬場のダートコース、1600mを使用。
スタート地点は芝コース上にあり、スタート直後は芝コースを走行、第2コーナー付近からダートコースに入る。バックストレッチとホームストレッチに2つの坂が設けられており、このうち長さが501mあるスタンド前のホームストレッチには高低差2.4mの上り坂がある。



歴史
1984年 – 5歳以上の馬によるハンデキャップの重賞競走「フェブラリーハンデキャップ」を新設。東京競馬場のダート1600mで施行、GIII。
1989年 – 混合競走に指定。
1994年  GIIに昇格。名称を「フェブラリーステークス」に変更。
1995年 – 指定交流競走に指定され、地方競馬所属馬が出走可能となる。

1997年  GIに昇格。ダート競走格付け委員会により、GIに格付け(適用は1998年から)。

2001年 – 馬齢表示を国際基準へ変更したことに伴い、出走資格を「4歳以上」に変更。
2007年 国際競走に指定され、外国調教馬は8頭まで出走可能となる。
    国際GIに格付け。
    地方競馬所属馬の出走枠が5頭から4頭に縮小。
2009年 – この年より地方競馬所属馬の出走資格はJRAが別に定める出走馬選定基準により選定された競走馬のみとなる。
2012年 – 出走馬選定方法が変わり、レーティング上位5頭に優先出走を認める。
2014年 – トライアル制を確立し、指定された競走の1着馬に優先出走を認める。
2016年 – 「ブリーダーズカップ・チャレンジ」指定競走となる。