園田競馬場(そのだけいばじょう Sonoda Racecourse)は、兵庫県尼崎市にある地方競馬のための競馬場である。主催者は兵庫県競馬組合。2005年8月よりD-Net(地方競馬の統一電話投票システム)に加盟した。
かつては「アラブのメッカ」と呼ばれ、楠賞全日本アラブ優駿を開催するなどしてきたが、現在ではアラブ系単独のレースは行われていない。
2012年9月に照明塔が設置され、ナイター開催が可能になって以後、兵庫県営競馬は事実上園田単独での開催が続いている。

収容人数:17,400人
入場料:100円

レース施行距離:820m、1230m、1400m、1700m、1870m、2400m(右周り1051m、直線213m)
改修前:レース施行距離 800m、1300m、1630m、1800m、2300m
2016年現在、2400mは六甲盃でのみ使用される。
他場ではあまり例を見ない距離設定。
これはサラブレッドを導入し、そのスピードでも十分回れるようにするため、1999年にスパイラルカーブを設置して1周・1100mにする予定だった。
ところが、3コーナー付近にある猪名川の自然林に手を入れることが出来ないことが判明したため、止む負えず1051mとした。
限られた敷地内を使って拡張したことで、向正面が直線ではなく緩い右カーブとなっているのも特徴である。

主な競走

園田競馬ではダートグレード競走を除いて、重賞競走の格付けを行っていない。
ダートグレード競走
兵庫ジュニアグランプリ (JpnII) – 2歳馬限定オープン
兵庫チャンピオンシップ (JpnII) – 兵庫三冠競走2戦目
兵庫ゴールドトロフィー (JpnIII)

2歳馬限定戦
兵庫若駒賞
園田ジュニアカップ
園田プリンセスカップ(GRANDAME-JAPAN) – アルテミスステークスおよびファンタジーステークスの近畿・北陸・東海地区トライアル

3歳馬限定
菊水賞 – 兵庫三冠1戦目
園田クイーンセレクション – チューリップ賞およびフィリーズレビューの北陸、東海、近畿地区トライアル
兵庫ダービー – 兵庫三冠3戦目
のじぎく賞(GRANDAME-JAPAN)
園田ユースカップ – ニュージーランドトロフィーの北陸、東海、近畿地区トライアル
西日本ダービー – 2016年に新設され、笠松・名古屋・金沢・高知・佐賀での持ち回り開催。第1回は園田で実施された

古馬
新春賞
六甲盃 – 園田競馬で唯一、2400mで実施される
兵庫大賞典
摂津盃
園田金盃
園田FCスプリント
オッズパークグランプリ
兵庫サマークイーン賞
園田ウインターカップ – 2017年新設
兵庫ゴールドカップ – 2017年新設予定
兵庫クイーンカップ
園田チャレンジカップ
姫山菊花賞

騎手招待
ゴールデンジョッキーカップ
スーパージョッキーズトライアル(第1・2・5回)
JRA認定 2歳認定競走
アッパートライ(1着賞金250万円)


サラブレッドと暮らしています。 (ヤングアニマルコミックス)

↑執筆者はなんと園田競馬の厩務員さんだそうです!

廃止・休止となった重賞・競走
楠賞全日本アラブ優駿
アラブ競走の廃止後も「楠賞」として継続していた)
全日本アラブクイーンカップ
フクパーク記念
園田フレンドリーカップ
2011年以降は実施されていない
コウノトリ賞
2011年以降は実施されていない
楠賞
2008年のみ3歳馬限定重賞として施行、2012年まで実施
インターナショナルジョッキーカップ


美品 JBC 園田競馬 2008.11.3.SONODA キャップ (黒 帽子) 100797 【中古】


靄に消えた馬―園田の郷から


園田競馬のおっさんになろう!


2015 園田競馬 誘導馬カレンダーえほん「誘導馬のお仕事」ステッカーセット


競馬夢景色


競馬情話 中年ジャンプ


サラブレッドへの手紙 (上)


サラブレッドへの手紙 (下)


人生をくれた名馬たち(1)


人生をくれた名馬たち(2)


競馬人情