マクフィ (Makfi) は、イギリスで生産され、フランスで調教された競走馬。中団〜中団後方からの差し脚を武器にヨーロッパのマイル戦線で活躍した。おもな勝ち鞍は2010年の2000ギニー、ジャック・ル・マロワ賞。

第202回 2010年5月1日、イギリス三冠レースの1つ2000ギニーを優勝

父はドバウィDubawi(IRE)(鹿 2002)、

祖父はドバイミレニアムDubai Millennium(GB)(鹿 1996)

生産牧場のシャドウェルスタッドは大オーナーブリーダーのシェイク・ハムダンが所有する牧場だが、彼の所有馬とはならず、2009年10月にタタソールズのトレーニングセールに出されて26000ギニーで購入された。この経緯、そして平均取引価格の19333ギニーよりは高い落札額とはいえ欧米では有力馬はイヤリング(1歳馬)セールで取引されることを考えると、お世辞にも期待されていたとは言えなかった。馬主のマシュー・オッフェンスタットも1歳馬は高くて買えないためにこのトレーニングセールに参加しており、この馬への期待も「未勝利は勝てるかも」といった程度のものだった。
2歳時は一般戦のみ出走してこれに勝利。3歳時はデビュー戦から約4カ月後のジェベル賞で始動し、差し切り勝ちで重賞を初制覇する。このレースは仏2000ギニーのステップレースであるが、陣営は次走に英2000ギニーを選択。前年の2歳チャンピオンであるセントニコラスアビーが断然人気の中、9番人気と人気薄であったが、中団後方から伸びてG1競走初制覇を飾る。続くセントジェームスパレスステークスでは喉の炎症を発症しており、直線でまったく伸びず、後方のまま7着と惨敗した。幸い症状は大したことなく、次走はジャック・ル・マロワ賞に決定。

このレースの連覇とヨーロッパのG1勝利数新記録がかかっていたゴルディコヴァに大きな注目が集まっていたが、先に抜けだしたゴルディコヴァを中団後方から差し切ってG1競走2勝目を挙げた。

このレースは祖父のドバイミレニアム、父のドバウィも制しており、同レースの父系3世代連続優勝となった。レース後、ブリーダーズカップ・マイルを引退レースとし、引退時にカタールの王族であるサーニー家に売却され、イギリスのツイーンヒルズスタッドで種牡馬として供用されることが決まった。

ブリーダーズカップ・マイルのステップレースにはクイーンエリザベス2世ステークスを選択。対戦成績1勝1敗のキャンフォードクリフスとの3歳トップマイラー対決が注目されたが、ライバルが回避したため、断然の1番人気に推される。しかしレースでは中団4番手から直線で伸びを欠き、逆に勝ったポエッツボイスら追い込み馬にかわされて5着に敗れた。その後、コンディションが整わないことを理由にブリーダーズカップ・マイルへの参戦を断念し、引退して種牡馬入りした

2011年よりツイーンヒルズスタッドにて供用される。初年度の種付け料は25000ポンド。シャトル種牡馬として、ニュージーランドのウェストバリースタッドでも供用される。2015年はツイーンヒルズスタッド所属のまま、フランスのボネヴァル牧場で供用される。
2014年に初年度産駒デビュー。初年度産駒から2頭のG1勝ち馬が出る。

2016年10月6日に日本軽種馬協会が購入を発表し、2017年より日本で供用されることになった。

牝系F-No.16-c

第202回 2010年5月1日