ジェベル(Djebel、1937年 – 1958年)はフランスの競走馬、種牡馬である。名馬産家マルセル・ブサックの代表的な生産馬で1940年の2000ギニー、1942年の凱旋門賞を制した。

牝系:F-No.5-j

初戦を2着したあとのモルニ賞でも2着。イギリスに遠征しミドルパークステークスに出走、イギリスで初勝利を挙げる。その後はフランスに戻りシャトゥ賞を勝利、オマール賞を2着としてフランス最優秀2歳馬に選ばれた。
3歳になったジェベルはラグランジュ賞で勝利したあと、イギリスのクラシック・2000ギニーに挑戦する。21頭もの出走馬がいたが、後続に2馬身差で勝利した。ブサックにとっては初のイギリスクラシック制覇となった。のちフランスに戻り、プール・デッセ1着(プール・デッセ・デ・プーリッシュと10月に合同開催)、シャンティイ賞(代行ジョッケクルブ賞)3着として3歳シーズンを終えた。
4歳ではボイヤール賞、アルクール賞、エドヴィユ賞と3連勝するがサンクルー大賞では2着、シャンティイ賞でも2着として凱旋門賞では3着となる。5歳になった1942年はサブロン賞を1着したあとは前年と同じローテーションで進み、ボイヤール賞、アルクール賞、エドヴィユ賞では2年連続勝利とともに4連勝とした。サンクルー大賞ではレコードタイムで勝利、シャンティイ賞でも勝利して6連勝で臨んだ凱旋門賞では後続に2馬身差をつけて勝利、7連勝を達成しフランス最優秀古牡馬に選ばれた。

引退後はトウルビヨンやゴヤ、ファリスとともにブサックの主要な種牡馬として活躍した。初年度産駒からジェラル、アルバーなどを送り出し1947年から1949年まで3年連続でフランスリーディングサイアーを獲得した。1950年はサイアーランキング2位となるが1956年にふたたびフランスリーディングサイアーに輝いた。コロナティオンが凱旋門賞を制し、ガルカドールは71年ぶりとなるヘロド系のダービー馬となった。
ジェベルは1958年に死亡した。メゾンラフィット競馬場ではジェベルの名を冠したジェベル賞 (G3) が行われている。

おもな産駒
1944年産
Djelal/ジェラル(ジャック・ル・マロワ賞、リュパン賞など)
Arbar/アルバー(アスコットゴールドカップ、カドラン賞など、産駒のAbdosは仏グランクリテリウム勝ち)
Clarion/クラリオン(非ブサック産。グランクリテリウムなど、直系にLuthier、Ahonooraなど)
1945年産
Djeddah/ジェダー(エクリプスステークスなど、Never Bend、Bold Reasonの母父)
My Babu/マイバブ(非ブサック産。2000ギニー(レコード勝ち)、サセックスステークスなど、直系にパーソロン)
1946年産
Coronation/コロナティオン(凱旋門賞、プール・デッセ・デ・プーリッシュなど)
Marveil/マルヴェイル(ジャンプラ賞など)
1947年産
Emperor/エンペラー(デュハーストステークスなど)
Galcador/ガルカドール(ダービーステークスなど)
1948年産
Djelfa/ジェルファ(プール・デッセ・デ・プーリッシュなど、Tourbillonと同じくFrizetteの子孫であり、Ksar3×3・Durbar4×5・Frizette5×5とTourbillonを重ねたような血統)
1949年産
Arbele/アルベル(イスパーン賞、ジャック・ル・マロワ賞など)
Argur/アルグー(エクリプスステークス、クイーンアンステークスなど)
1951年産
Cordova/コルドヴァ(モルニ賞、ロベールパパン賞など)
1953年産
Apollonia/アポロニア(プール・デッセ・デ・プーリッシュ、ディアヌ賞など)
Janiari/ジャニアリ(ヴェルメイユ賞など)